Category Archives: 考察

『なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』

唐沢俊一氏の『新・UFO入門』で述べられている「UFO問題はそれを見る人たちの中にある」という問題提起に触発されて始めた当ブログだが、全く更新しないまま長い期間(もう2年以上!)放置してしまった。おそらく御存じのとおり、当の唐沢氏の本は、他人の複数のブログからの記事盗用が明らかになり唐沢氏自身により自主廃版となった。
一方、70年代に集めたUFO研究誌を紐解いていこうというが、このブログのひとつの目的なのだが、その立ち位置として「UFO問題」を「人の問題」として考察したいという意図があることを上記の本を取り上げて示したものの、実際にこの作業を始めることは正直言って困難だと感じている。つまり、そのように問題を「分析」して「書く」ことに違和感がある。そう感じつづけて来て、停滞したまま現在に至っている次第である。
『なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』(ハヤカワ文庫)という本がある。心理学者スーザン・クランシーが、自分で新聞に「エイリアンに誘拐されたことのある人求む」という広告を出し、彼等をインタビューして丁寧に調査した報告である。この本の最初の章にかかれているように、もともとは「人の偽りの記憶が生じるメカニズム」を探求しようとして、当初は児童虐待体験とその記憶の研究していたが、対象が対象だけに研究には様々な障害があって行き詰まり、研究対象をエイリアン・アブダクション体験者に変えたという経緯らしい。しかし、それは図らずも「人に不合理な信じ込みが存在する合理的な理由」を探求する研究となったという、とても興味深い本である。
彼女は、多くのアブダクティに会ってみて、その多くの人がごく普通の人に見えることをあげている。アブダクティが異様なのは、アブダクションをされたと信じているそのことだけだった。

なぜあえて異様な説明を選ぶのだろうか?睡眠障害やうつ状態や性機能障害の原因はいくらでも考えられるのに、なぜ批判を受けたり友人をなくしたりするおそれのある奇妙で不安をかきたてる説明を選ぶのだろう?
…(略)…21歳の大学生ロビンによる次の言葉が、それをもっともよく表している。「おかしな話だと思っているんでしょう。みんなそう思っているわ。自分でもそう思うし。でも、あなたがわかっていないのは、私はアブダクションを現実の出来事だと思っているし、あなたがどう思おうとかまわないということです。あの夜の感覚は…圧倒的で…恐ろしくて…部屋に何かいたんです。わたしに言えるのは、これはわたしの体験で、あなたの体験じゃないっていうことだけ。わたしは感じたの。エイリアンだったわ。」
(74~75ページ)

クランシーは、人は事実ではない話でも事実として扱うこと。それを意識的に行っている例としてアイリッシュ・ファクトの例をあげている。

アイリッシュ・ファクトとは、「本当は事実ではないが事実のような話で、話の流れをよくするために必要なもの」である。おそらく本当ではないけれど、本当であるべき話なのだ。わたしの親類は「わたしが作った話だけど、本当だと信じている」とよく言っている。わたしはアイリッシュ・ファクトを聞いて育った。

ここで彼女の家に伝わるドニー・マレーの逸話を引用している。かいつまんで書くと以下のような話。ドニーは高校の寄宿舎からガールフレンドを連れ出そうと消防車を盗み、ガールフレンドを窓から引っぱりだしたら、それは別の子で、火事だと叫ばれて大騒ぎになってしまい、やむなく女子全員を避難させるはめになった。

これは本当の話なのだろうか?もちろん誰にもわからない。だが、本当であるべきなのだ。そして、人に伝えられるたびに、ますます本当らしくなっていくのである。
わかってきたのは、アイルランド人であろうとなかろうと、人間はほとんどだれでも、アイリッシュ・ファクトのように話を作らずにはいられないということだ。
(105~106ページ)

そして彼女は、心理学者達がアブダクションの体験を空想癖やマゾヒスト的な願望にあると分析している点をあげた上で、その本来の意味は別にあるとしてひとつの結論を述べている。

ふつうの人がどのようにしてふつうでないことを信じるようになるかという疑問に取り組み始めたという点では、心理学者は賞賛されるべきだと思うが、そのような信じ込みが本人のどんな目的を満たしているかについては、いまだにほとんどピントはずれな説明しかなされていない。そのような説明を支持している研究者は、アブダクションの信じ込みに関して非常に重要なことー信じ込みが生まれた根底にあるおそらくもっとも重要な要因ーを見落としている。人生の意味を見つけたいという欲求だ。
(202ページ)

なにかの物語がなければ人生を理解できない。エネルギーがわかない。その物語がどんなに非現実的であっても、自分を救う力があるなら人はそれを信じざるを得ないということだ。いや、それによって死ぬことを選ぶ人もいるだろうから、必ずしも救うということではないかも知れない。いずれにせよ、人はいつも何か物語を選ぶのだということが、この本を通じて分かる気がする。
こういった興味深い考察が述べられていると同時に、とりわけ僕がこの本をすてきだと思うのは、クランシーのアブダクション体験者へのまなざしに温かいものを感じるところにある。

アブダクティーはわたしに、人間はいろいろな信念体系を試しながら生きているということを教えてくれた。これらの信念体系のいくつかは、科学とはほとんど関係ないような強烈な感情の欲求——社会の中で孤立したくない欲求や、特別な権力や能力を持ちたいという願望や、宇宙に自分より大きな存在がいて自分を見守って欲しいという望みなど——に訴えかける。アブダクションの信じ込みは、ただの悪しき科学(バッド・サイエンス)ではない。不幸を説明したり、個人的な問題の責任を回避したりするためだけのものではない。アブダクションを信じることによって、多くの人が精神的な渇望を満たしているのだ。宇宙の中に自分の居場所があることや、自分は大切な存在であることを教え、安らぎを与えてくれるものなのである。
(216ページ)

そうは言っても、実のところUFO事件というのは異様で気味が悪いものが多い。そういう物語を選ぶ人たち自身には不安定な要素があると思われるし、UFOに興味を持ったことがある僕には同様の要素があるのだと思う。したがって、この探求は自分にとっても過酷なことなのだ。だからこそ、このブログを再開してみようとするにあたって、クランシーのようなまなざしを最初に肝に銘じておきたくて、この文章を書いた次第です。
なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか (ハヤカワ文庫NF)/スーザン・A. クランシー

¥651
Amazon.co.jp

Leave a comment

Filed under 考察

経済不況とUFO—70年代の日本

CNN site半年ほど前から米国ニューヨークに来ているため、紹介したい資料が手元になく、このブログを休止している。来月帰国するので、来年1月から資料の紹介を再開したいと思う。
ところで、今週、米国ニューステレビ局CNNが朝の番組で”IN SEARCH OF ALIENS”という短い時間のコラム的なシリーズを放送している。内容は、月曜はUFOを見たという元米軍パイロットや、ユーフォロジストにはおなじみのアポロ14号で月へ行ったエドガー・ミッシェルの政府はUFOの真実を隠しているという証言。火曜はこれもおなじみのロズウェル事件の紹介で、今でもUFOの墜落と政府による隠蔽はあったと証言する人たちがいること。水曜はエイリアンに誘拐された人たちの紹介。残念ながら木曜と金曜にも放送がある予定だったが、インドでテロ事件があってその報道のために中止されているらしい。放送されたビデオはCNNのWebサイトにも上がっていたので以下にリンクしておく。
プレビュー(2008年11月21日放送)
Alien believers among us(2008年11月24日放送)
Roswell revisted(2008年11月25日放送)
Close encounters(2008年11月26日放送)
この特集に関する記事
さて、この時期にCNNでUFOの特集がされたことは興味深く思う。つまり、先月からの経済危機で実際に失業者は増加しているし、クレジットカードのローン破産も増えて社会問題になっている。そのような社会不安が高まっている時期に、意図的なものなのかどうかはわからないが、マスコミはよくUFOを取り上げるのではないかと思える。
日本の1970年代半ばも実はそういう状況であった。
1974年といえば田中角栄首相が金脈問題でやりだまにあげられ辞任に追い込まれた年だが、この年経済成長率が戦後初めてマイナス成長になり、物価は25%近く上昇している。そして翌1975年には企業倒産が相次いだのである。同年、三木内閣は公共事業体労働者のスト権を否認したりもした。また、経済には直接関係ないが1976年はロッキード事件が発覚し政治家の腐敗が大きく取りざたされた年でもあった。
同時期の1974年にはユリ・ゲラーという超能力者がテレビ出演し、いわゆる超能力ブームの引き金となった。UFOもその流れから1970年代半ば以降に、同じようにブームになっていったのだと思う。
やはりUFOは人間の不安感の象徴あるいは現実逃避のはけ口のようなものなのだろうか。僕にはまだはっきりしたことはわからないが、こちら(米国)でCNNでたまたまこの番組を見たので、そのようなことを考えた。

Leave a comment

Filed under 考察

ブーム直前:1973年

『地球ロマン 復刊2号』(1976年10月)の「日本円盤運動の光と影」と題する座談会のなかで、1973年前後の「円盤運動」の動向について触れている部分がある。ちょっと長いが引用する。

地球ロマン ブームの火付け役は確かにマスコミだったけれど、やはりその前後の円盤研究家の動向にも注目する必要があるんじゃないかな。例えばGAP(※1)の久保田さんが、73年の8月に『コズモ』(※2)を創刊している。これはまあ円盤研究家が、自ら一般向けの円盤雑誌をつくるという形で、社会の表面に出てきたわけだが、もっと目に見えないところでも、この73年というのは大事な年だったと思う。
というのは、73年、あるいはもう1年前の72年ごろから、円盤界の世代交代というか、若手研究家の動きが非常にアクチヴになってきている。まずイギリス宇宙旅行研究会日本支部が、72年4月に宇宙研究協会CRC(※3)に改組され、11月には、清家新一氏が脱退し、完全に山本佳人氏を中心とした組織になる。
73年の1月には、並木伸一郎氏が、若手のアンチ・コンタクト派グループを糾合して、JSPS(※4)を組織している。ずっと休会中のJFSA(日本空飛ぶ円盤研究会)の荒井欣一さんを顧問に招いて、現在のところ、関西の高梨純一氏のMSFA(近代宇宙旅行協会)(※5)と共に、アンチ・コンタクト派の一大拠点のなっております。
中園 関西の方では、浅井総一・守田健の両氏が活動しはじめる。浅井君は、京大UFO超心理研究会(※6)を設立し、73年の10月にはCRCの関西プロジェクトのリーダー(※7)に迎えられている。これは実質的には独立王国で、ヒマラヤ聖者の会(※8)をやっていた守田健氏といっしょに、尼崎で定期的な会合を開いていた。どういうわけか、関西の頑迷なアンチ・コンタクト派で、JSPSの大阪支部長の林一男も74年ごろには顔を見せるようになって、激論を闘わしていましたよ。
(引用者註:前掲書P125~P126より引用。漢数字は算用数字に変更している。※印も引用者(後述)。なお、直接関係ないが、最初の発言の団氏とは荒俣宏ではないかと思われる。)

この座談は雑誌の発行年の1976年ごろのものだと思われるので、ここで紹介されているのはむしろあの頃の「最近の動向」ということだ。その頃、僕は中学生だったが円盤運動にかかわったのはまさにこの渦中だったわけだ。
とりあえず上記引用で紹介されている各団体の機関誌を僕の蔵書の一部の写真と共にざっと紹介しようと思う。(番号は引用部の※印番号の参照番号)
1.『GAPニューズレター』日本GAP
GAPニュースレター『新・UFO入門』(唐沢俊一著 幻冬舎新書)にもあるようにGAPはCBAから分かれた久保田八郎氏が1960年代に立ち上げた組織で、G・アダムスキーの「宇宙哲学」を研究する団体である。70年代も活発な活動は続いており、写真にあるような機関誌も地道に発行され続けいていた。内容としてはG・アダムスキーの弟子や密かにコンタクトを続けているらしい人たちの論文、またはその講演や取材の報告、内外のUFOの目撃報告、会員からの「実践」報告や哲学っぽい質問に久保田氏が答えるコーナーなど。
2.『コズモ』コズモ出版社
コズモこの雑誌が創刊されるという話を聞いたのは、あの頃UFOの話題をよく取り上げていたラジオ番組でだったと思う。発売日には何軒も本屋を回って探したのをおぼえている。創刊号はまずケネス・アーノルドに始まるUFO史の概観が紹介され、小松左京氏、横尾忠則氏らへのインタビュー、海外UFO目撃事件レポート、エーリッヒ・フォン・デニケンの「宇宙考古学」の連載など。デニケンを最初に日本に紹介したのはこの雑誌だったのかもしれない。
3.『宇宙通信』宇宙研究協会(CRC)
宇宙通信もともとは反重力宇宙機開発に成功したとしているイギリス宇宙旅行研究会の日本支部として、おそらく反重力の研究が主体だったと思うのだが、初期の機関誌からすでにアダムスキーの流れを汲む宇宙意識や哲学的内容にかなりの誌面を割いている。No.19で72年4月の会合で会称を宇宙研究協会に変更決定したと報告。同時に「これによって英宇宙研(J・サール氏)との従来の立場を明確にしただけの事で、本会の内容が今までのものと異なってくるというものではありません」としている。しかし、72年11月号のNo.26では反重力技術についての記事がなくなっており、その理由は翻訳者の都合や清家氏の多忙のためだとされているものの、このあたりが上記引用の経緯を表しているみたいだ。
4.『未確認飛行物体』日本宇宙現象研究会(JSPS)
未確認飛行物体機関誌はUFO目撃の詳細なデータがを含むレポートや、海外のレポートの翻訳記事、UFO写真の分析レポートなど極めてまじめな取り組みがうかがえる。また、この『未確認飛行物体』のほかに、1974年には『UFOマンスリー』という月刊パンフレットが発行されており、これは今は「と学会」で有名な志水一夫氏が編集をしている。1976年には多分速報誌的な性格付けの『UFO INFORMATION』という冊子を不定期に出している。多くのメンバーが共同で共通の姿勢をもって執筆を行っており、おそらくもっとも真摯にUFOの問題に取り組んだグループと言えると思う。
5.『空飛ぶ円盤研究』近代宇宙旅行協会(MSFA)
空飛ぶ円盤研究近代宇宙旅行協会は1950年代中頃から活動している組織らしいので、僕の持っている70年代からの機関誌では推しはかるしかないのだが、執筆はほとんど高梨氏ひとりで行われているようにみえる。内容は海外のレポートを翻案したような感じのレポート(出典が明記されていないのが残念)や、日本でのUFO目撃をレポートしたもの。レポートは極めて辛口で、マスコミなどで取り上げられたUFO写真を”トリックである!”と一刀両断する高梨氏自身の論文が掲載されていたりする。60年代中頃に近代宇宙旅行協会の理事であった平田留三氏など数名が分裂して日本UFO研究会(JUFORA)を結成しているらしいことから、これ以降の活動が高梨氏個人のものになったのかもしれない。
6.『宇宙波動』京都大学UFO超心理研究会
宇宙波動こんなもの(失礼!)を蔵書している人がほかにもいるだろうか?僕は『宇宙波動』を第1号から十数冊蔵書している。これはその証拠写真でもある。京都大学UFO超心理研究会は浅井総一氏が京大在学中に設立。当初35名ほどの在校生で、毎週3回ゼミ形式の会合を行っていたようである。機関誌は手書きガリ版印刷(しかも多分、鉄筆でパラフィン紙に書く原始的な方式)である。表紙は青焼きコピーで、ホッチキスで大ざっぱに綴じてある。大学生らしい好奇心旺盛な内容である。UFOの目撃報告、推進力研究(理学部学生による?)、アダムスキー研究など。UFO以外にもESP実験、エドガー・ケイシー(予言者)研究や、日本のピラミッド探索、インド探訪、ナスカ探訪など多岐にわたる。11月祭(京大の文化祭)などには研究家や本物の超能力者を呼んで講演や公開実験を行っていた。
7.『CRCタイムス』宇宙研究協会:大阪ブランチ
CRCタイムス京大UFO超心理研を設立した浅井氏は、同時期に上記3の宇宙研究協会の大阪ブランチで、この冊子の編集担当をしている。この冊子も中心は宇宙哲学のようであるが、「バランス」をとるためか3号では清家新一氏による「宇宙開発の未来」と題される文章が掲載されている。一方、『宝瓶宮福音書』や『解脱の真理』といった霞ヶ関書房刊行の本の内容紹介記事などもあったりして、ヒマラヤ聖者研究会の色も含ませてることがわかり、このあたりの相関関係を示していておもしろい。
8.『聖者』ヒマラヤ聖者研究会
聖者・アクエリアス霞ヶ関書房刊行の『ヒマラヤ聖者の生活探求』をテキストに、「大師」らの教えを研究・実践するグループ。その機関誌を見ると第1号は『UFOグループ会報』となっている。この時点での活動目的はUFOの客観的考察、アダムスキー問題、宇宙人とのコンタクトを計画などとなっている。2号から会称を「ヒマラヤ聖者研究会」と改め、機関誌は『聖者』となった。名称変更の理由は「ヒマラヤ聖者と宇宙人の目的は同じで地球人類を援助することにある」からだと書かれている。その後『アクエリアス』という冊子を発行している。詳しいことはまた改めて書くつもりだが、もはやUFO、オカルト、アダムスキー哲学、チベット神秘主義などが混沌としてつかみどころがない。一方で、これは70年代後半から80年代にかけて起こるニューエイジ運動の先駆けであったとも言える。
『新・UFO入門』で唐沢氏は1950年代からのCBAや荒井氏の日本空飛ぶ円盤研究会などの動向、60年代のごたごたについて多くの紙面を割いて紹介している。それに対して70年代は新しい世代の「円盤運動」が展開されていったという『地球ロマン』での団氏や中園氏の指摘は正しいと思う。僕はその辺りのことを、自分の資料の紹介という形で書いていこうと思っているわけだ。当然とうてい運動の全体像は示せないので、あくまで個人的体験としてのそれであることを断っておくが。
また、彼らには、その後この運動がニューエイジとかニューサイエンスへの流れへとつながることについては知るよしもなかったわけだが、ゆくゆく余力があればそのあたりも書こうと思う。多分、平河出版『The Meditation』や工作舎『遊』などについて取り上げることになるわけだが。

Leave a comment

Filed under 考察

はじめに

以前から、僕が1970年代に興味を持ったUFOと、そのころの体験や収集した資料について整理したいと思っていた。
このブログを立ち上げた理由はそれなのだが、きっかけになったのは最近刊行された『新・UFO入門』(唐沢俊一著、幻冬舎新書)という本である。
この中で唐沢氏は「UFOの真実は、UFOにはない。そのUFOを目撃し、あるいはアブダクションやインプラント(機械類の埋め込み)をされた、人々の中にあるのである」(同P179)と述べている。
僕はUFOをはっきりと目撃したことはない。しかし、妙にUFOに引きつけられたのだった。当時流行ったテレビのUFO特集を欠かさず見たのはもちろん、UFO関連の書籍や雑誌を読み、講演会や研究会の集まりにも参加した。
でも、果たして僕はUFOの真実を求めていたのだろうか?と今になると疑問に思う。唐沢氏が「UFOの真実はUFOにはない」と言うのと同様に、UFOに引きつけれれる理由もまたUFOそのものの真実を求めているからではなかったように思う。そう、やはりUFOは何かの象徴であったにちがいないのだ。
その象徴の中身を僕なりに分析してみると、それは以下の2つであったのはないかと思う。
1)私を見つめる存在としてのUFO
孤独な人間にとってUFOは一種の天使のような存在であると僕は思う。特に他人に言えないような孤独や悲しみを抱えた人間にとっては、それは癒しの存在なのだ。どのようなところが天使的と言えるかというと、UFOが僕たち人類を「見つめている」存在だという点でだ。それは個人においてもそうなのだ。想像してみて欲しい。空中に輝く光が浮遊しているのをあなたは目撃したとする。いや、光でなくて無骨な金属製の円盤型物体でもよいだろう。それをあなたは「見る」。しかし、同時にあなたはその物体から「見られている」と感じることだろう。その物体には目玉も、こちらをのぞき込むような潜望鏡もないとしてもだ。そこにもの言わず浮遊しているというだけで、まるでそれはこちらを見つめているようではないか!少なくとも私の無意識はそのように感じていた。「私を見つめる存在」として、その象徴的な存在としてUFOはある。昔なら、それを神とはいわないまでも天使(日本なら観音かな?)と呼んだに違いない。それは、もの言わず密かに私を見つめる存在であり、孤独な人間にとって一種の癒しの存在なのである。
2)理解されない自己の投影としてのUFO
僕のように現実逃避する人間によくある傾向なのかもしれないが、僕には自分は誤解されていると思いたがるようなところがあった。誰も自分を理解してくれないという思いは、そのままUFOの存在が世間から誤解され疑いの目で見られることへの共感として現れたように思う。UFOを否定する人たちは、隠れた「真実」を知らないで短絡的に否定しているという考えは、つまりは、「真実の自分」を理解されずに他人から見下されている自分の存在という考えと無意識に重ね合わされている。でも、実際にはそれは、現実には存在しない「本当は高尚な自分」が存在するかのように主張したい願望を反映している。UFOが実在しないのと同様に、そのような「自分」も妄想であり存在しないのが現実なのだ。それはつまりは劣等感の裏返しであり願望にすぎなかった。もっと言えば、無意識的には両方とも存在しないことに自分は本当は気づいていたのかもしれない。それゆえ、その弁護はいつも曖昧であり、時として大きく破綻するのである。
まあ、以上はUFOに興味をもつひとりとしての自己分析みたいなものだが、このブログでは特にそういう心理学上のことを追求していくものではない。しかし、つまりは僕は唐沢氏の提言の通りにUFOについて考えようとしているのである。そしてそのために最初に書いたように、あの時代におけるUFOにまつわる雑多なことを僕なりにまとめていこうとしているのである。
N1976100101.jpg例えば、唐沢氏が『新・UFO入門』でふれている雑誌『地球ロマン』(1976年10月1日発行 復刊2号—第1巻第4号— 総特集=天空人嗜好 )は僕も持っている愛蔵書のひとつである。この中のCBAに関する記事は唐沢氏も書いているように大変興味深い。しかし、一方で僕がもっとも興味深く読んだのは「日本円盤運動の光と影」と題する座談会の記事だ。座談の形式を取っているせいか、当時の運動の状況や雰囲気が臨場感のある形で語られているのがとてもおもしろい。
次回からその辺りのことをから徐々に書いていこうと思う。

Leave a comment

Filed under 考察